普通の奥様

見た目もスタイルもルックスも至って普通の奥様だが
まさに風俗で働く為に求人サイトから応募して来たような
逸材が新人として入店した。

年齢は32歳の専業主婦で、子供はまだいない。

スリーサイズは
T:159cm/B83cm(C)/W:58cm/H:84cm

しかし、美容に特に気を使っているわけでない為
スリーサイズの割には、スタイルが少し悪く思えてしまう。

胸も少し垂れ下がっているし、お尻もべたっとしている。

腰のくびれもないし、いわゆる中年女性らしいだらしない体をしている。

しかし、体の見た目だけでは、性の相性というか才能というか
そういうのは分からない節があるが、彼女は典型的「隠れ淫乱女」
といえるだろう。

事実、自己申告では性欲が強いのに、旦那に拒まれ、そのフラストレーション
から、風俗求人の存在を知り、求人サイトに掲載されている求人記事を見て
応募していたという経緯がある。

特に受身とか攻め好きとか言うわけではなさそうだが、とにかく素振りとか
感じ方とかがエロい。

ホテルに入り、服を脱がせていくと、それまでキョトンとしていた表情が途端に
妖艶な眼差しと共にこれからえっな事をするという期待の眼差しになっていて
とても綺麗な表情に豹変した。

彼女の衣服を脱がせて、ブラジャーに手を伸ばすと、軽く両手で隠すような仕草を
したりと、こういう部分がとても可愛らしく思えた。

そして、ブラジャーを隠す彼女の手を、そっとどけて、ブラジャーの隙間に手を入れて
軽く乳房に触れると、彼女の頬が一気に紅潮して、より妖艶な表情へと変わる。

そして目元はトロンとして、口元はうっすらと半開きになって、すっかりエッチな雰囲気に
溶け込んでいるようだった。

次に彼女のショーツを下ろして、裸にしてベッドにつれていき、仰向けに寝かせると
彼女は、その妖艶な表情のまま、横に顔を向けて、うっとりとした表情で私の全てを
受け入れるかのような状態になっていた。

その彼女の上に覆いかぶさり、私はさっき外したブラジャーの中で触った乳房を優しく
触る。

すぐに乳首は硬くなり、その先を指で軽く撫でると、体をビクビクとさせて、口元を手で
抑えて、必死に感じていることを悟られまいと恥辱感に堪える表情を浮かべていた。

その姿を見るたびに、こちらの性欲が掻き立てられ、さらにさらにとエスカレートしていった。

私は乳房を触りながら、もう片方の手を陰部に持っていき、割れ目をまさぐり、クリトリスを
丁寧に触ってあげた。